働くママさん特集 Vol.3
~長いキャリアを活かして働く

山崎由夏子(ヤマザキユカコ)
2004年新卒入社。
当時みなとみらいにあった
goldie H.P.FRANCE横浜店に配属。
副店長として店舗バイヤー、
ディスプレイを担当。
2009年に店長に就任。その後、
店舗移転とともに横浜髙島屋内の
goldie H.P.FRANCE横浜店に移り
店舗バイヤーを担当。
2015年に1年弱の産・育児休暇を取得。
2016年にフルタイム勤務で復帰。

入社を決意したきっかけ

学生時代に輸入食品を扱うスーパーマーケットでアルバイトをしていたため、海外の商品をセレクトして輸入菓子のバイヤーになりたいと思ったことが始まりでした。とくにヨーロッパの雰囲気や商品が好きで、ヨーロッパを中心とした輸入家具・雑貨を扱うH.P.DECOもお気に入りのお店でした。就職活動が始まり、「海外から商品を輸入している会社」という軸で会社を探していた時に、自分がH.P.DECOに通っていたこともありH.P.FRANCEに応募しました。当時、お店で実際に接客してもらった時に、スタッフからデザイナーや商品が生また背景を説明してもらい、それまで私はビジュアルの好みだけで商品を選んでいましたが、別の見方もあるということを知りました。私は服飾学校に通っていたわけでも販売経験もありませんでしたが、デザイナーに代わって彼らの意思を伝えていく接客の仕方が素敵だと思いました。また、取り扱う商品も個性的で少しミステリアスな要素に惹かれたこともあり、この会社を選びました。

キャリアを活かした働き方とは

現在は副店長として店長の補佐をしています。そして、今までのキャリアの中で店長を含めあらゆる業務に携わってきた経験を活かし、他のスタッフが担当している業務の補佐も行っています。不測の事態があった場合は他のスタッフに代わり迅速に対応できるので、控えのバッターのような役割と言えるかも知れません。また、入社してから現在まで10年以上goldie H.P.FRANCE 横浜店に勤めており、お店の客層や顧客様の好み、当店で長らく取り扱ってきたブランドのコレクションがどのように変化してきたかなども熟知しています。そのため、販売促進や買い付けの際には、横浜店に合った企画の提案を行っています。自分が提案した企画が成功してお客様に喜んでいただけたり、思わぬところで良い反応があったりするとすごく嬉しくなります。接客面においては地域によってスタイルが異なりますが、横浜店は百貨店内にあることで家族連れやご年配のお客様も多く来店されるため、急がずにゆっくり丁寧にお話することを心掛けています。

時にはスタッフの相談にのることも。

仕事と育児の両立

主人と協力しながら、家事のバランスは完全に半々で分担しています。毎月、家族のスケジュールを確認して計画的に育児・家事を分担できるよう事前にすり合わせを行います。私はフルタイム勤務ですが、基本的に早番シフトで毎日18時に退社しています。朝が早い分、お店がオープンするまでの時間に前日の業務の内容やメールのチェックを行っています。goldie H.P.FRANCEでは以前も仕事と子育てを両立していたスタッフが数名いたため、産・育児休暇を取得する際も相談に乗ってもらえたことは心強かったです。私にとって、刺激的な商品に囲まれながら働く環境はすごく充実しているので、休暇取得中もお店が恋しくなり早く復帰したかったです。最初からフルタイム勤務で復帰した理由は、どうせ忙しいのであればフルタイム勤務でも時短勤務でも同じことだと思いフルタイムを選択しました。結果的に他のスタッフと同じ目線に立って仕事が出来るので良かったと思っています。子育てが上手くいかなかった時には仕事で挽回できるし、逆に仕事で落ち込んだ時には子育てで消化できる、といった具合に仕事と子育てを両立していくなかではスイッチを切り替えることで発散しています。

アクセサリーも横浜店こだわりのセレクトとなっている。

goldie H.P.FRANCE 横浜店について

goldie H.P.FRANCEはヨーロッパの服飾小物を扱っているお店です。その中でも横浜店が他店と違う魅力とは、何と言ってもお店のスタッフです。平均年齢は他店よりかなり高いのですが、美術大学を出ていたり、フランス語が話せたり、フラワーアレンジメントの免許を持っていたりと、一人ひとりの経歴が個性的なため知識も豊富で、お話をしていて話題が尽きないと思います。単純に商品を買うことだけでなくスタッフとのコミュニケーションも楽しめる、素敵なオプションが沢山付いてくるお店です。またお店のセレクトにおいても、どこか一癖あるような「独自の毒」を混ぜることで、商品に変化をつけています。お店にいらした際には、そういった癖のあるもを見つけていただきたいです。そして何よりスタッフとのコミュニケーションを沢山取って、お買い物を満喫して頂きたいです!

おすすめのアイテムはJAMIN PUECHのコレクション。横浜店はgoldie H.P.FRANCEのなかでも特に豊富に揃っています。

今後の目標

商品担当としてもっと商品、ブランドと関わっていきたいです。H.P.FRANCEが世界各国の商品を扱っているので、販売促進の面ではgoldie H.P.FRANCE横浜店でもヨーロッパ以外の国の新しい商品をどんどん紹介していけるような企画を考えていきたいです。また、自分と同じように育児と仕事を両立しているママさんスタッフどうしのコミュニティーを作り、コミュニケーションを頻繁に取ることで、これから同じような働き方をしたいと考えている若手スタッフのサポートができたらと考えています。

応募者へのメッセージ

H.P.FRANCEで働くことの魅力とは、仕事をしながら商品の知識、素材、デザイナーについて、世界の歴史・文化など様々なことを勉強でき、「販売」という一つの仕事だけでなく幅広い業務に携われることだと思います。自分はオシャレじゃないから、話が得意じゃないから、といった理由で不安を感じている人がいるかもしれませんが、この会社にはどんなタイプの人でも合う場所があるはずです。私の場合は入社するまで販売経験がなく服飾の勉強をしていたわけでもありませんでしたが、10年以上この仕事を続けています。むしろ経験がなかったからこそ、頭の中のキャンバスも真っ白で、どんどん吸収できると思いました。型にはまらずに、楽しくお仕事をしながら自分だけのスタイルを確立していって欲しいです。