バイヤーという目標を実現
~新卒入社 vol.2~

三澤はるか(ミサワハルカ)
大学では英米文化学科に所属する一方、
ファッションの専門学校に
ダブルスクールで通い
ファッションビジネスを学ぶ。
2013年に新卒入社。
goldie H.P.FRANCEで研修後、
H.P.FRANCE Boutique銀座店に配属。
2年目から副店長を務める。
3年目にバイヤーとなり
10月に初めてのパリ出張を経験。
現在は店舗のビジュアルも担当する。

入社を決意したきっかけ

私は、母が色彩の勉強をしていた影響で、小さい頃からファッションに興味がありました。そして母や姉がもともとH.P.FRANCEの商品が好きだったため、学生の頃から一緒に色々なお店に訪れていました。20歳の時には成人になった記念に、H.P.FRANCEの代表的なブランドの一つであるIOSSELLIANIのリングを自分で購入しました。当時学生だった私にとって、頻繁に買い物ができるような場所ではありませんでしたが、それからは一人で色々なお店を見て回ることも多くなりました。「面白いお店だな」と思うとH.P.FRANCEのお店だったということがよくあり、ウィンドウを見ているだけでも楽しかったのを覚えています。また、私はファッションに関係する仕事の中でも、商品企画に携わりたいと考えていました。H.P.FRANCEの商品が好きだったので、この会社で商品企画に近い仕事は何かと考えたときに、一番イメージがしやすかったのがバイヤーのお仕事でした。こうした様々な思い入れがあり、バイヤー志望でこの会社に応募することにしました。

わたしの1年

12月1月・春夏立ち上げ準備。商品・ディスプレイ・DMやカタログなどビジュアル考案。(写真1)
2月・・・ 春夏立ち上げ。お客様へご案内。バイヤーとして秋冬の展示会に参加。
3月・・・ パリ出張で次の秋冬シーズン買い付け。
4月・・・ 春イベントの企画、打ち合わせ。DMのビジュアル考案。
5月・・・ フランス伝統「スズランの日」にちなんだイベント開催。
6月・・・ デザイナー来店イベント企画・運営。(写真2 : デザイナーのステファノ・ポレッティと)
7月・・・ 秋冬立ち上げ準備。商品・ディスプレイ・DMやカタログなどビジュアル考案。
8月・・・ 秋冬立ち上げ。お客様へご案内。(写真3)
9月・・・ バイヤーとして翌年の春夏の展示会に参加。
10月 ・・ パリ出張で春夏シーズン買い付け。デザイナー来日イベント準備・開催。(写真4 : パリ支局の近くにある公園)
11月 ・・ クリスマスに百貨店全体で行うパーティー企画・準備。

H.P.FRANCEでの仕事の魅力とは?

一つは、個性が認められ、自由でいられることです。市場では一般的に、トレンドを重視して有名なブランドや人気のあるテイストの商品ばかりを置く傾向にあると思います。H.P.FRANCEでは、トレンドだけに左右されず、クリエイターの想いでつくられているものを大事にしているため、年代や時代を問わない不変的な価値のある商品を沢山扱っているところが魅力だと思います。もう一つは全ての社員にチャンスがあることです。私の場合は、入社時からバイヤーを目指していることを伝え続けていたことで、1年目の終わりから商品担当になり、バイヤーのアシスタントを経験させてもらいました。そして、3年目に前任の後を引き継いでバイヤーとなり、現在も買い付けのためパリ出張を任されています。また、店頭にフルで立っているため、自分が買い付けた商品の良さを直接お客様に伝えられるし、商品に対する意見や感想をお客様から聞くことができるのもバイヤーとしての面白さだと思います。自分が買い付けたアイテムや提案したコーディネートをお客様に気に入ってもらえて、その商品が目の前で買っていかれる瞬間は本当に嬉しいです。このように、店頭で販売をしているからこそできる経験を、また半年後のパリ出張に活かしています。

ディスプレイの準備中

H.P.FRANCE Boutique 銀座店について

H.P.FRANCE Boutiqueは店舗ごとに雰囲気が異なり、銀座店には三つのコンセプトがあります。一つ目は「不完全な美」で、これは奇抜さや不安定さがあっても、どこか絶妙なバランスがとれていて惹かれるような商品を意味しています。二つ目は「ここにしかない」です。銀座店ならではのセレクトによる商品や、銀座という街の優雅な雰囲気など、ここでしか味わえない空間を表現しています。三つ目は「非日常スパイス」で、現実味がなく、日常と違う刺激を受けることができるようなお店を意識しています。お客様からも、他にはない良いものがあるからここに来るというようなお言葉を頂くことが多く、そういった銀座店だけの世界観を是非たくさんの方々に体感して頂きたいです。

写真右 : スタッフ同士でショーケースのディスプレイの打ち合わせ。
写真左 : お気に入りのアイテムはマリアカルデラーラのネックレス。イタリアのブランドで、銀座店のコンセプトと同じ「不完全な美」がテーマ。

今後の目標

H.P.FRANCE Boutique銀座店のファンをもっと増やしていくことです。銀座店の世界観を伝えるスキルがまだまだ自分に足りないと感じているので、ファッションが好きな方々に、商品•空間•接客など全てを通してファッションの面白さを伝えることができるような取り組みを考えていきたいです。将来的には、銀座店だけでなく、他のお店でもバイヤーとして買い付けのお仕事をしていきたいと思います。

応募者へのメッセージ

常にポジティブでいることが大切だと思います。自分の目標があれば、実現させたいという思いを一生懸命にまわりの人に発信していくことで、チャンスを掴んでほしいです。H.P.FRANCEでは、「まだ入社して1、2年目で経験が浅いから任せられない」と言われることはないと思います。年齢に関係なく、話を聞いて、やる気を買ってくれる人が沢山いるので、何事も諦めずポジティブに取り組むことで結果がついてくると思います。